腫瘍血液内科

腫瘍血液内科のご案内

日本人の死亡原因の約1/3はがんによって占められています。
日本でもようやく2006年6月16日に『がん対策基本法』が成立し、
がん予防、治療、撲滅に重点が注がれるようになりました。

腫瘍血液内科診療実績

2010年 腫瘍血液内科入院患者数:295名

がん治療認定医 がん薬物療法専門医

『日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医』は3名おります。
がんや血液疾患の患者様に安心して受診していただける体制となっております。

がん治療認定医 がん薬物療法専門医

『腫瘍血液内科』診察予定

診療科目・時間のご案内

大澤・・・固形がん及び血液疾患
明星・・・主に血液内科
後藤・・・固形がん
判田・・・主に血液内科
丁・・・主に血液内科
西川・・・主に血液内科
泉二・・・主に血液内科

担当医師

大澤 浩 腫瘍血液内科部長

日本内科学会認定内科専門医
日本臨床腫瘍学会
がん薬物療法専門医、指導医
日本がん治療認定機構
がん治療認定医、暫定教育医
日本医師会認定産業医

■略歴
1990/3 帝京大学医学部卒業
1990/4 東京慈恵医科大学にて研修
1992/4 東京慈恵医科大学 第3内科入局
1994-98 癌研究会附属病院 化学療法科 国内留学
2000 医学博士取得
2001-04 米国 国立衛生研究所(ボルチモア)留学
2009/1 江戸川病院 腫瘍血液内科部長

■専門分野
がん薬物療法(抗がん剤治療) 緩和医療

■趣味
フラグフットボール、NFL観戦

■ひとこと
地域密着、地域完結のがん治療、緩和医療を目指しています。

担当医師

明星 智洋
腫瘍血液内科副部長 兼 感染制御部長 兼がん免疫治療センター長 兼 プレシジョンメディスンセンター長

日本内科学会認定内科認定医
日本臨床腫瘍学会認定
がん薬物療法専門医、指導医
日本血液学会認定血液専門医、指導医
日本化学療法学会認定
抗菌化学療法認定医、指導医
日本がん治療認定医機構
がん治療認定医
インフェクション
コントロールドクター(ICD)
Total nutritional therapy修了

■略歴
2001/3 熊本大学医学部卒業
2001/4 岡山大学医学部附属病院
腎・免疫・内分泌・代謝内科
2001/10 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院内科
2003/4 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院血液内科医員
2004/4 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院血液科
2005/4 癌研究会有明病院
化学療法科・血液腫瘍科
2009/4 江戸川病院 腫瘍血液内科

■専門分野
がん薬物療法(抗がん剤治療) 血液疾患(良性・悪性含む)

■趣味
美味しい梅酒の探求、ラグビー

■ひとこと
がん患者様は年々増加しており、3人に1人はがんという時代になってきました。大澤先生と共に城東地区でのがん診療に貢献したいと思います。 また血液専門医でもありますので、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病などの血液悪性腫瘍から、貧血なども診療させていただきます。 怖がらずに気軽に受診してください。一緒に病気と闘っていきましょう!

 

担当医師

判田 直子(腫瘍血液内科医長)
西川 慶
加藤 豊
泉二 登志子(非常勤)

 

外来化学療法センターのご案内

外来化学療法センターには、皆様が快適な環境で安全に
がん化学療法や放射線療法が受けられるように、
専任のがん薬物療法専門医、看護師、薬剤師を配置いたします。

外来化学療法センター

日本臨床腫瘍学会認定研修施設

江戸川病院は『日本臨床腫瘍学会認定研修施設』に認定されました。

日本臨床腫瘍学会

マスメディアでの紹介

『読売新聞 2011年9月4日』
病院の実力 ~抗がん剤選択、副作用に精通~ 専門医全国に586人
江戸川病院の大澤浩腫瘍血液内科部長ががん薬物療法専門医として掲載されました。

『読売新聞 2011年9月4日』
病院の実力 ~がん薬物療法専門医~ 人材育成の体制課題
抗がん剤治療の専門家であるがん薬物療法専門医について取り上げています。
江戸川病院の大澤浩腫瘍血液内科部長、明星智洋腫瘍血液内科医長が掲載されました。