病理検査科

病理検査は細胞検査、組織検査(生検・手術)および病理解剖からなります。
江戸川病院では主に前2者が行われ、痰や尿、あるいは乳腺や甲状腺の腫瘤に針を使って取った細胞検査、胃カメラで必要として取った粘膜等の生検や、皮膚のほくろから手術室で切除した大腸等の組織検査は、いずれも顕微鏡標本を作製し、病名、性状、原因の推定、良性・悪性の判断、手術の場合は広がりを詳しく調べ、その後の治療方針の決定に深く関与します。

近年は患者様個々人にあった治療が目標とされますが、病理診断結果をもとに検討されます。
これらの病理診断は臨床各科とのカンファランスやCPCを通してその後の診療に役立てられます。
当病院内では全部の生検・手術症例の病理診断と精度管理が行われています。術式決定に必須な術中の迅速診断も行われています。 

また病理以外の検査全体の運営についても、検査科科長とともに、より良い検査が行われるよう努めています。

担当医師

遠藤 久子 病理検査科部長

■略歴
1970 群馬大学医学部卒業
1970 東京大学医学部病理学教室入局
1975 東京大学医学部付属病院分院助手
1976-77 スイスバーゼル大学病理学研究所研究員
1989-92 米国カリフォルニア大学サンタクルス校 自然科学部門研究員
2002 東京大学医学部付属病院講師
2005 東京大学医学部付属病院病理部副部長
2006 国際医療福祉大学三田病院教授、 病理部長
2007 国立国際医療センター 戸山病院 臨床病理室医長
2009 国立国際医療センター 戸山病院 病理診断科長
2011 4月から江戸川病院在職

■専門分野
外科病理学、血液病理学

■所属学会
日本病理学会、日本臨床細胞学会、日本臨床検査医学会

■一言
病理は料理と時々間違われますが、料理同様、医療の日常を支え、 健全な医療の進行、および新しい医療・治療の発展に貢献しています。

担当医師

黒田 陽子