生活習慣病CKDセンター

何故、今、生活習慣病CKDセンターが必要か?~最近の末期慢性腎臓病(CKD)の疾病構造の変化が持つ意味~

CKDは生活習慣の中に潜む

何故、今、生活習慣病CKDセンターが必要か?答えは明確です。私は昭和48年に郷里の鳥取県と母校の鳥取大学に別れを告げ、東京女子医科大学の腎臓病総合医療センターに入局しました。以来、一貫して腎臓疾患の病態解明、より優れた治療法の開発を求めて、基礎研究、日常臨床に取り組んできました。そして、平成23年10月に65歳を迎えて、気がついたことは、慢性腎不全、すなわち慢性腎臓病(CKD;Chronic Kidney Disease)の疾病構造がこの十年間ですっかり変わってしまったという驚愕の事実です。すなわち、最近の慢性維持透析患者の原疾患の頻度は、原発性腎疾患は激減し、糖尿病性腎症、腎硬化症、高血圧腎症など、生活習慣病に端を発した腎臓病が増加しており、まさにCKDは生活習慣の中に潜むと言っても過言ではありません。

江戸川病院グループに生活習慣病CKDセンター開設

平成23年9月、東京女子医科大学に別れをつげ、同年11月に社会福祉法人仁生社江戸川病院に生活習慣病CKDセンターを開設しました。同時に医療法人靱生会メディカルプラザ篠駅西口にも生活習慣病CKDセンターの外来部門を開設しました。

担当医師

佐中孜 江戸川病院生活習慣病CKD センター長
メディカルプラザ市川駅院長院長

江戸川病院グループ
社会福祉法人仁生社江戸川病院生活習慣病CKD センター長
医療法人靱生会メディカルプラザ市川駅院長
日本大学医学部客員教授
東京女子医科大学医学部元教授
生活習慣病コーディネーター協会代表理事
ヘルシーエイジング学会理事

■ 認定医・認定専門医等
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本アフェレーシス学会
日本病態栄養学会
日本臨床栄養学会
日本東洋医学会

佐中孜先生の生活習慣病CKD透析回避に関する情報サイト

佐中孜先生の診察を受けることができる施設

メディカルプラザ市川駅

所在地 : 〒272-0034 千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル9階
電話 : 047-326-3500
FAX : 047-326-3513
アクセス : JR総武線市川駅「北口」スグ、ダイエーの9階です。

診療科目

内科・人工透析内科・循環器内科・生活習慣病内科・整形外科・スポーツ整形・泌尿器科・皮膚科・美容外科・皮膚科・心臓血管外科(下肢静脈瘤レーザー治療)

「メディカルプラザ市川駅」のホームページ

「メディカルプラザ市川駅」のホームページはこちら

メディカルプラザ篠崎駅西口

所在地 : 〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町7-15-12SKビル
電話 : 03-5879-7121
FAX : 03-5666-3010
最寄駅 : 都営新宿線「篠崎駅」 *西口から徒歩10秒

『メディカルプラザ篠崎駅西口』は都営新宿線「篠崎駅」西口より徒歩10秒のクリニックです。
生涯透析療法に入らない、透析回避とお思いの慢性腎不全(慢性腎臓病;CKD)の患者さん、足痛、腰痛、歩行障害、睡眠時無呼吸でお悩みの患者さん、いつまでも健康で元気でいたい方、がん、糖尿病、腎炎、高血圧、肥満、尿酸、脂肪でお悩みの方は、ぜひ当クリニックへご相談ください。
当クリニックは基本的には全て保険診療でして、大部分が即日で結果をお示し、治療法を提示することができます。一部の例外的な検査、治療が保険外診療となります。
経験豊富な医師を始めとする医療スタッフが丁寧に対応、治療致します。

診療科目

内科・生活習慣病ケア外来・フットケア外来・リウマチ外来・心身症外来・ヘルシーエイジング外来・腎臓内科・人工透析

「メディカルプラザ篠崎駅西口」のホームページ

「メディカルプラザ篠崎駅西口」のホームページはこちら

メディカルプラザ江戸川(江戸川病院

所在地 : 〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-6-1
電話 : 03-3673-1221(江戸川病院 代表)
最寄駅 : JR小岩駅、京成江戸川駅 *徒歩だと、いずれも15分程度かかります。
メディカルプラザ江戸川(江戸川病院)交通アクセスはこちら

「メディカルプラザ江戸川」の診療予定表