下肢静脈瘤センター

センターのご案内

江戸川病院下肢静脈瘤センターは,江戸川病院,メディカルプラザ江戸川,メディカルプラザ市川駅で,下肢静脈瘤など静脈疾患を対象とした診療を行っております.
受診の際は,ご予約をお願いします.

■メディカルプラザ市川駅【予約制】
→詳しくはこちら『メディカルプラザ市川駅』

■メディカルプラザ江戸川【予約制】
→詳しくはこちら『メディカルプラザ江戸川』

■江戸川病院【予約制】
→詳しくはこちら『江戸川病院』

 

心臓血管外科 セカンドオピニオン外来

メディカルプラザ市川駅心臓血管外科外来では、「江戸川病院心臓血管外科」と「順天堂大学附属順天堂医院心臓血管外科」と連携して、心臓大血管手術に関するセカンド・オピニオン外来を行っています。

■メディカルプラザ市川駅 セカンドオピニオン外来【予約制】
→詳しくはこちら『セカンドオピニオン外来』

受診の流れ


当科を初めて受診する方のうち 1-2 割は静脈瘤以外による足のむくみです。この場合、検査・治療は様々です。
静脈瘤の方でも半数以上は、手術の必要がありません。
「受診の流れ」では典型的な経過をまとめましたが実際に受診した際は、思った流れとは異なるかもしれません。

下肢静脈瘤を未処置のまま放置すると、拡張蛇行した静脈は、皮膚炎、血栓症、静脈炎、さらには潰瘍を形成することもあります。
あなたにとって、最良の治療法を提供するために、江戸川病院下肢静脈瘤センターはあります。 

ご不明の点は遠慮なくご質問ください。

担当医師

榊原 直樹 心臓血管外科統括部長 兼 下肢静脈瘤センター長 兼 先端医療開発推進室長


日本外科学会専門医、指導医、認定医
日本胸部外科学会指導医、認定医
日本心臓血管外科学会国際会員
日本循環器学会専門医
植え込み型除細動器研修医
心臓血管外科専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施基準による指導医、実施医

■略歴
1983 金沢大学医学部卒業
金沢大学医学部外科学第一教室入局
1986 国立循環器病センター研究所 人工臓器部外来研究員
1987 米国クリーブランドクリニック留学
1988 金沢大学大学院医学部研究科修了(医学博士取得)
1990 金沢大学医学部外科学第一講座 助手
1998 同 医学部講師
1999 同 医局長
2001 石川県立中央病院 心臓血管外科診療部長
2004 江戸川病院着任
順天堂大学医学部非常勤講師
2015 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系客員教授

■受賞暦
1989/05 米国人工内臓器学会フェローシップアワード受賞
1991/12 第17回日本心臓財団研究奨励賞

■専門分野
成人心臓大血管外科(冠動脈外科、弁膜症、大動脈瘤)

冠動脈バイパス術の90%以上をオフポンプで行っている
解離性大動脈瘤などの緊急手術の経験多数
僧帽弁温存術式を積極的に行っている

■ひとこと
心臓手術から足の静脈手術まで頭の血管以外の病気についていつでもご相談下さい。
心臓手術は順天堂大学病院心臓血管外科(天野篤先生)のご支援を得ながら、心臓を動かしたまま血管吻合する心拍動下冠動脈バイパス術や日進月歩に技術革新する自己弁温存をする僧帽弁形成術などの最先端医療、最高の臨床成績(開心術手術死亡率0.5%)と皆様にとって心地よい入院ライフをご提供できますよう職員一丸となって努力しております。
また下肢静脈瘤レーザー治療をも開始して以来飛躍的に症例が増えており、日本では数が少ない米国最先端の医療機器による臨床成績を世界に向かって情報発信しております。
私の外来はとくに混み合っており多くの患者様に大変ご迷惑をかけております。できましたらかかりつけの医師からの紹介状をもって予め電話にて外来予約を入れて頂ければ幸いです。
皆様のご来院を心からお待ちしております。

■所属学会
【国内所属学会】
日本胸部外科学会
日本心臓血管外科学会
日本血管外科学会
日本外科学会
日本臨床外科学会
日本循環器学会
日本静脈学会
日本脈管学会
日本レーザー医学会
日本血管内治療学会
日本不整脈学会
日本人工臓器学会
日本心不全学会
日本冠疾患学会
レーザー学会
○国内の証書等

【海外所属学会】
米国静脈学会
米国静脈フォーラム
米国レーザー医学会
ヨーロッパ静脈フォーラム
オーストラリア静脈学会
アジア心臓血管外科学会
○海外の証書等